軍事

尖閣諸島への常駐「選択肢の一つ」官房長官

 中国艦船による領海侵入などが続く尖閣諸島について、菅義偉官房長官は10日午前の記者会見で、尖閣諸島の有効支配強化のために公務員などを常駐させることについて、「選択肢の一つ」との認識を明らかにした。

 

 同会見で菅官房長官は、「領土・領海・領空は断固として守っていくというのが安倍政権の基本姿勢。わが国としては主権の問題について譲歩することは決してない」などと述べるとともに、尖閣諸島の有効支配強化策として、公務員などを現地に常駐させることについて、「(常駐の)検討について、選択肢の一つであると考えている。実際どのような状況で、これを検討するかについては、戦略的観点から考えていくべきだろうというのが今の考え方」としている。

 あなたにオススメの記事