製品・サービス

地震速報端末「地震の見張り番」家電量販店などでも販売

 PCやスマホ関連製品を扱うセンチュリーは、家庭向け地震速報端末「地震の見張り番@home」を、同社の通販だけではなく家電量販店などでも販売する予定だ。


 同社では、昨年12月21日から本製品を発売しているが、大晦日や三が日でも売り上げが伸びていることから、そうしたニーズに応えるために、家電量販店やホームセンターなどでも販売を開始する。今後は、ヨドバシカメラ、ホームセンターのカインズなどを中心に販路を拡充する予定で、さらにほかの量販店との連携も強化していくとのこと。


 本製品は一般家庭用向けの地震速報端末。地震が発生時には、気象庁が配信する「高度利用者向けの緊急地震速報」に、端末の位置情報(緯度、経度、地形情報)を加味して、発生した地震のマグニチュード、震源の深さ、震源地のほか、現地での予測震度や、到達時間をカウントダウンで知らせてくれる。なお、地震以外にも、津波や噴火の情報にも対応。


 ほかにもLEDライトやFMラジオの受信機能、携帯電話の充電機能なども搭載する。本体サイズは、折りたたみ時で146ミリ×101ミリ×43ミリ、重量は約350グラム。価格は3万1500円。 なお情報の受信は5年間まで無料で、6年目からは新しい端末を購入する必要がある。 

※「高度利用者向けの緊急地震速報」とは

TVやラジオで使われる不特定多数の人に向けた「一般利用配信」に比べ、震度や地震の到達時間、震源の位置といった精度の高い情報が配信される。1回だけではなく精度を上げて複数回配信される点が特徴。主に企業や商業施設、学校といった場所で利用されている。

 あなたにオススメの記事