軍事

米上院情報特別委シリア化学兵器使用の証拠映像を公開

 米ホワイトハウスは10日、米政府のシリア・アサド政権に対する軍事介入の説明のために米上院情報特別委員会に提出した、化学兵器使用の証拠としているビデオ映像を、同委員会が一般に公表したと発表した。

 

 同ビデオ映像についてホワイトハウスは、シリアの首都ダマスカスで8月21日に撮影されたもので、この時に400人以上の子どもを含む1400人以上の市民が殺害されたとしている。

 

 同映像はすでにシリア反体制派などによりYou Tubeにも投稿されているが、今回は「証拠ビデオ」として9月5日に米議会に対し提示されたものとして紹介している。

 

 映像内では、子どもも含めて化学兵器により苦しみ、横たわる人々の凄惨な姿が映し出されている。

 あなたにオススメの記事