リコール

「学生諸君へ」伏見稲荷の全裸投稿 早大がお詫びと注意喚起

 早稲田大学人間科学部の男子学生が、京都市伏見稲荷境内で全裸となった写真などをツイッターに投稿していた問題で、早稲田大学人間科学部は11日、同学部のホームページ上に「お詫び」を掲載するとともに、人間科学学術院長名で「学生諸君へ」と題した学生へ向けての注意喚起も掲載した。

 

 同ホームページの「お詫び」では、複数の不適切な行為についてツイッターに書き込みがあったが、本学部生が関与していたことが判明したとして、「このような問題を起こし、関係の方々に多大なるご迷惑をおかけし、また社会をお騒がせしましたことを深くお詫び申し上げます」と謝罪。

 

 また同学部の谷川章雄人間科学学術院長名で出された「学生諸君へ」と題された文章では、「学生の本分にもとる行為であり、当該学生については本学の規定に則り厳正に処分する」とした上で、「皆さんの行動、皆さんが発信した情報が、大きな社会的影響を与える問題にまで波及する可能性があることを改めて認識し、慎重に節度ある学生生活を送ってもらいたい」と注意を喚起している。

 

 今回問題になった男子学生は、伏見稲荷で全裸になっているほか、無断で伊勢エビを捕獲したり、果樹園でぶどうを盗んで食べたりしたことも投稿している。

 

 中学生や高校生ならまだしも、大学生にもなって、こんな幼稚な問題で大学に謝罪させるとは…。そもそも大学は、そんな「当たり前の常識」を学ぶための場所か。

 あなたにオススメの記事