気象

台風18号発生 3連休最終日16日に関東接近のおそれ

 気象庁によると、13日午前3時に小笠原近海で発生した台風18号は西北西に進んでおり、このまま予想進路をたどった場合、3連休最終日の16日(月)には関東地方に接近するおそれがある。

 

 台風18号は、1時間に約15キロの速さで西北西に進んでおり、中心の気圧は1000ヘクトパスカル、最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルで、中心から半径280キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 

 台風18号はこの後、15日ごろには北北東に進路を変え、連休最終日の16日(月)午前3時には伊豆諸島の八丈島近海を中心に半径460キロの円内に達する見込み。

 

 関東地方は台風18号が接近する可能性があることから、3連休後半になるにしたがって天候には注意が必要。

 あなたにオススメの記事