気象

台風18号 関東で激しい雨 15日夜には四国沖へ接近

   台風18号は15日午前9時、日本の南の海上にあって、1時間におよそ30キロの速さで北北西へ進んでいる。台風から来る暖かく湿った空気の影響で、関東を中心に1時間に50ミリを超える強い雨が降っており、気象庁は河川の氾濫や土砂災害に注意を呼びかけている。


   気象庁によると、台風18号の中心気圧は980ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は2メートル、最大瞬間風速は35メートル。15日夜には四国沖に接近し、次第に進路を東よりにかえて、暴風域を伴いながら紀伊半島沖を北東に進むと予想されている。16日には、東日本太平洋側に上陸する恐れがある。


   関東では15日午前10時半現在、東京都と神奈川、茨城県の全域と栃木県、千葉県の一部で大雨・洪水警報が発令されており、神奈川県海老名市で1時間に最大71.5ミリ、茨城県筑西市門井で同64.5ミリなど各地で強い雨を観測。交通機関への影響も出ている。


   近畿から東北にかけての太平洋側では、15日は台風接近に先行して、局地的には1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降るところもある見込み。16日は台風の北上に伴い、雨の範囲は東日本や東北の日本海側まで広がり、午前6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で、東海・近畿600ミリ、四国400ミリ、関東甲信350ミリ、北陸180ミリ、東北150ミリと予想されている。


   また、台風の接近に伴い次第に風が強まり、東日本の太平洋側の海上では16日にかけてうねりを伴い猛烈なしけとなる見込み。予想される最大風速(最大瞬間風速)は、関東30メートル(45メートル)、近畿・東海・東北25メートル(35メートル)、北陸22メートル(35メートル)、四国20メートル(30メートル)。波の高さは、東海・関東9メートル、近畿8メートルなどとなっている。

 あなたにオススメの記事