気象

滋賀京都福井に「大雨特別警報」 台風18号は東海に接近

   気象庁は16日午前5時15分、大型の台風18号の影響で、滋賀県、京都府、福井県で「これまでに経験したことのないような大雨」になっているとして、大雨特別警報を発令した。8月30日の運用開始以来、特別警報の発令は初めて。


   気象庁によると、台風18号は午前7時現在、静岡県浜松市の南西約70キロの沖合にあり、1時間におよそ40キロの速さで北北東に進んでいる。まもなく東海の沿岸に上陸する見込みという。


   特別警報は、従来の警報の発表基準をはるかに超える豪雨などが予想される際に発表されるもので、滋賀県、京都府、福井県では、「数十年に一度の大雨」の恐れがある。気象庁は「ただちに命を守る行動を」と呼びかけ、最大級の警戒を求めている。


   滋賀県高島市朽木平良では16日午前7時までの24時間に、観測史上最高となる430.5ミリの雨量を観測。同県甲賀市信楽町で296ミリ、福井県小浜市で358.5ミリ、京都府綾部市睦寄町で287.5ミリを観測するなど、特別警報の出た3府県では観測史上記録の更新が相次いでいる。

 あなたにオススメの記事