気象

台風18号 愛知県豊橋市に上陸 関東を通過して東北へ

 気象庁によると、大型の台風18号は16日午前8時前、愛知県豊橋市付近に上陸し、1時間に約45キロの速さで北北東に進んでいる。

 

 台風18号の中心気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートルで、中心の南東側110キロ以内と北西側70キロ以内では風速25メートル以上の暴風が、中心の南東側650キロ以内と北西側460キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 

 このため近畿・東海・北陸・甲信地方で非常に激しい雨が続き、京都と滋賀、福井では記録的な大雨となったため特別警報も発表されており、西日本と東日本では16日夕方まで、北日本では16日夜にかけて雷を伴った非常に激しい雨が降り、局地的には1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降る見込み。

 

 台風18号の今後の予想進路は、関東地方を通過して16日午後6時には岩手県宮古市の東南東に到達し、その後、温帯低気圧となってから17日午前6時には千島近海に達する見込みとなっている。

 あなたにオススメの記事