事故

国有地取得の「うまい話」にご注意! 財務省が警告

 財務省は、近年、財務省とのコネクションなどを偽り、国有地を特別に購入できると話を持ちかけ、手付金などをだまし取る事件が多数発生しているとして、「国有地の取得に関する架空話(うまい話)にご注意!!」との注意喚起をホームページに掲載し、注意を呼びかけている。

 

 同注意喚起では、「財務省の◯◯と懇意にしているから国有地を取得できる」、「財務省と協定を結んでいるから国有地を随意契約できる」などと「うまい話」を持ちかけ、手付金や手数料をだまし取るといった「国有地取得詐欺」の手口を例示している。

 

 財務省では、手口は年々巧妙化しているとして、国有地は原則として一般競争入札で売却し、財務省の職員が個別に国有地について随意契約できるような働きかけを行ない、個人や特定の民間企業に対し直接随意契約で売り払うことは一切ない、と改めて注意を呼びかけている。

 あなたにオススメの記事