気象

台風20号が発生 22日に小笠原近海に

   気象庁は21日、マリアナ諸島で台風20号(国際名・パブーク)が発生したと発表した。


   21日午後3時ごろ、マリアナ諸島の近海で熱帯低気圧が台風になった。中心の気圧は996ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルで、中心の東側560キロ以内と西側280キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。


   1時間におよそ15キロの速さで北西へ進んでおり、22日午後3時には小笠原近海を中心とする半径130キロの円内に達する見込み。気象庁は船舶に警戒を呼びかけている。

 あなたにオススメの記事