歴史

防災歳時記9月26日 巨大台風が集中した50年代 魔の一日

 今から59年前、1954年の今日9月26日、台風15号によって青函連絡船が転覆し、死者・行方不明者1155人という最悪の海難事故が起きた。

 

 転覆した青函連絡船・洞爺丸の名を受けて、この台風15号は洞爺丸台風と呼ばれているが、このときは他にも岩内町で家屋3300戸が火事で焼失し犠牲者が33人出るなど、北海道内を中心に大きな被害となった。

 

 家屋3300戸が焼失した原因は、最大風速63.3メートルという暴風によって火鉢の火種が住宅に飛び火し、大火事が発生したせいである。

 

 結局、洞爺丸台風の犠牲者は、青函連絡船も含めて死者・行方不明者が合計1761人にも達する大惨事となった。

 

 その4年後の9月26日。今度は静岡県に台風22号が最接近し、伊豆半島の狩野川流域で大規模な水害が発生した。

 

 この年の台風22号は神奈川県に上陸し、静岡や関東各地で大規模な災害をもたらすなど、最終的に死者・行方不明者1269人というこれまた大惨事を引き起こしている。

 

 台風22号はその後、気象庁によって狩野川台風と名付けられた。洞爺丸台風と一緒に、公式で名付けられた最初の台風だった。

 

 京都の桂川が氾濫し、観光スポットの渡月橋が濁流に飲み込まれるなど、台風18号が残した爪痕はまだ記憶に新しい。

 

 日本の9月は、言わずもがな台風の季節であり、今年の26日も台風20号が日本列島に沿うようにして北上している。

 

 しかし、1950年代の9月26日は度が過ぎていた。

 

 狩野川台風の翌1959年9月26日、室戸台風、枕崎台風と合わせて昭和の三大台風の一つに数えられる伊勢湾台風が和歌山県潮岬に上陸したのである。

 

 上陸前の中心気圧は920ヘクトパスカルで最大風速は60メートル。暴風圏は東側400キロ、西側300キロという超大型の台風だった。

 

 紀伊半島の和歌山県や奈良県、伊勢湾に面する三重県や愛知県を中心に、全国で生じた被害は死者・行方不明者が5098人、負傷者が3万8921人という、台風災害としては日本史上最大の惨事となったのである。

 

 まさに9月26日は魔の一日であるが、さすがに10月ともなれば秋の色が広がり始め、日本列島は落ち着いた紅葉の季節へと向かうだろう。

 

 そんな秋の訪れもいよいよ本格化しようとした1951年10月14日、観測史上2番目に大きな最大風速69.3メートルを記録したルース台風が、鹿児島県串木野市に上陸している。

 

 日本に住んでいる限り、10月半ばまでは気を抜けないということか。

 

 台風銀座。地球は本当に厄介な道を作ってくれたものだ。

 あなたにオススメの記事