宇宙

土星の衛星タイタンでプラスチック成分を発見

 例えば食品保存用のコンテナや車のバンパーなど日常生活でよく使われるプラスチックの成分が、土星の月(衛星)タイタンの大気中で発見されたと、9月30日、米航空宇宙局(NASA)は発表した。

 

 プラスチック製品に使われているポリプロピレンは、プロピレンを重合(ポリマーにする反応)によって作り出されるが、タイタンで発見されたのはこの「プロピレン」。

 

 地球上では石油などから作り出されるプロピレンだが、こうしたプラスチック成分が地球以外の惑星や衛星で発見されたのは初めて。

 

 タイタンは褐色を帯びた炭化水素を多く含む大気に覆われているが、土星探査器「カッシーニ」に搭載された複合赤外線分析器(CIRS)によってプロピレンの解析に成功した。

 

 地球上では主に人工的に作り出される複雑な分子構造を持つ炭素化合物がどうやって生まれたのか?

 

 いずれにしろプロピレンが他の衛星で発見されたことは、宇宙や生命の謎を解き明かす上で、新たな一歩となっている。

 あなたにオススメの記事