気象

台風22号 昼過ぎにかけて関東に最接近 強風・高波に注意

 気象庁によると、台風22号は2日午前6時現在、伊豆諸島・八丈島近海を北へ進んでおり、今日(2日)昼過ぎには関東地方に最接近する見込みで、関東地方沿岸部では昼前から夕方まで強風と高波に注意が必要。

 

 台風22号は2日午前6時現在、伊豆諸島・八丈島の東約170キロの海上を1時間に約20キロの速さで北に進んでいる。

 

 中心の気圧は996ヘクトパスカル、最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートルで、中心の東側280キロ以内と西側220キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 

 台風22号はこの後、夕方6時には、千葉県銚子市の東約220キロの海上を中心とする半径90キロの円内に達する見込みで、昼前から昼過ぎにかけて関東地方沿岸部に最接近すると予想される。

 

 台風の接近にともない、千葉県では夕方にかけて北のち北西の風が強く吹く見込みで、陸上で最大風速13〜15メートル、最大瞬間風速25〜30メートル、海上で最大風速15〜18メートル、最大瞬間風速25〜30メートルの強い風が予想されている。

 

 また海上では、波の高さが東京湾で1.5メートル、千葉県北東部や夷隅・安房で4メートルのしけになる見込みで、船舶などは注意が必要。

 

 台風22号は関東地方に最接近した後、温帯低気圧に変わり、明日(3日)午前6時には三陸沖に達する見込み。

 あなたにオススメの記事