政治

官房長官会見「目線を記者ではなく国民、そして世界に」

 2日午後の官房長官記者会見から、首相官邸の記者会見室の最前列記者席が取り払われるなどレイアウトが変更された。

 

 レイアウト変更の理由について、菅義偉官房長官は2日午後の記者会見で、昨日の新聞に「官房長官の目線が下を向いている。記者に説明でなくて、その先に国民、そして世界の皆さんもいるんだということを忘れないでほしい」との投書があったことを説明し、「今朝ざっと(投書)を見まして、ご指摘はある意味ではもっともだなあと思いまして、今日は試行的にやらせてもらった」と説明。

 

 レイアウト変更で満足いく結果が得られたかどうかについては、「後でビデオで見たいと思う」と述べるにとどまったが、最後は、「常にこの会見は、国民目線で行なっていきたいと思います」と締めくくっている。

 あなたにオススメの記事