歴史

防災歳時記10月5日故スティーブ・ジョブズに学ぶ

 2年前の2011年の今日10月5日、スティーブ・ジョブズがこの世を去った。

 

 「彼は私たちの生活を変え、全産業を再定義し、世界を見る方法を変えた

 

 こうオバマ米大統領をして言わせしめた希代の企業家の本質を改めて考えてみる。

 

 「天才的独創性

 

 彼の最大の功績は、今、われわれが普通にPCで使っているマウスとGUI(グラフィカル・ユーザー・インタフェース 分かりやすく言えば画面上のアイコンをクリックしてPCを操作するという仕組み)というセットを製品として生み出したことだ。

 

 しかしGUIというアイディアはゼロックス(当時)のパロアルト研究所ですでに開発されており、それを製品化したものに過ぎない。

 

 iPodも素晴らしい製品だが、「音楽を持ち歩く」という意味では、ソニーの「ウォークマン」という偉大な先駆者がいる。

 

 iPhoneも同様で、Palm系のPDA(携帯情報端末)という先駆者があった。

 

 スティーブ・ジョブズは、生前よく「他人のアイディアを盗む」と評されていたが、彼にとって「誰のアイディアか?」は多分重要ではなかったのだろう。

 

 実際にベンチャー企業でも経営してみれば誰でも分かるが、「良いアイディア」を思いつくことより、そのアイディアを「形にすること」の方が数百倍難しく、ジョブズは誰よりも「アイディアを形にすること」に執念を燃やし、またその天才だったと思える。

 

 彼は「発明家」でも「アイディアマン」でもなく、あらゆる要素を結合させて新しい物を生み出す卓越した能力を持つ、まぎれもない「企業家」だった。

 そして彼が生み出した製品の共通点は、常に「中途半端な代物」であること。

 

 もし、きちんとしたコンピュータ教育を受けている人間ならば、GUIで操作するより、かつてのメインフレームのコンピュータがそうであったように、「コマンドライン」でコマンドを打ち、プログラムやスクリプトを作成した方が、高速に処理できる。

 

 もし、最高の音質で音楽を聴きたいのなら、リビングルームにある高価なオーディオセットで楽しめばよい。

 

 スマートフォンは携帯電話としては、ただの「電池が長持ちしない電話」だし、PCとしては使い勝手が悪く、出来ることも少ない。

 

 しかし、GUIは正式なコンピュータ教育を受けていない人にもパソコンという道具を開放したし、iPodは常に音楽を(スタイリッシュに)携帯する生活を提供し、iPhoneは常に外部からの情報を利用する日常を人々に与えた。

 

 「オリジナルの製品」から見れば、その機能は「中途半端」だが、ほんのちょっとデチューン?を施すことにより、限定された人や環境・シチュエーションから製品は開放される。

 

 そしてそこからは予想もしなかった新たなライフスタイルが創造される。

 

 彼は、新たなライフスタイルの「プラットフォーム」を提供する魔術師だった。

 そして彼の生み出した製品のもう一つの共通点は、「製品としての色気」とも感じられる「所有すること自体に喜びを感じるデザイン」だったこと。

 

 例えば、高級ブランドの万年筆や高級ブランドの腕時計に感じるような「製品を所有することの喜び」を、そこまで高価にならずとも、しかし一分の妥協も許さずに実現していることは彼の美学の成せる技なのだろう。

 

 

 これからの日本経済の再生にはイノベーション(技術革新)が不可欠だ。

 

 そういうと、この国の多くの企業は、まじめに「先端的な技術」を追い求める。

 

 しかし、スティーブ・ジョブズが見せたイノベーション(人々の生活を変えるという意味で)は、必ずしも「先端的な技術」を追い求めたわけではない。

 

 彼にとって先進的な技術はある一定の「必要条件」ではあったが、それが目的ではない。技術はあくまでツールだ。

 

 目的は「ちょっと気の利いたガジェット(道具)」を生み出し、人々に新しいライフスタイルを提供すること。

 

 そしてそのガジェットは常に、人々が所有する喜びを喚起される「匂い立つような製品としての存在感」をまとっていなければならない。(かつての日本には、自動車にしても家電にしても、多くのそんな製品があったが)

 

 

Stay Hungry, Stay Foolish.(ハングリーであれ。愚かであれ)

 

 


 スタンフォード大学でのスピーチで彼が引用したこの言葉は、昨今の日本企業に最も欠けている要素を描写しているようにも感じられる。

 

 あなたにオススメの記事