製品・サービス

「災害用伝言ダイヤル(171)」などの体験サービスを実施 NTT

 NTT東日本、NTT西日本、NTTコミュニケーションズの3社は11日、「防災とボランティア週間」(1月15日~21日)に合わせて、災害時のみに公開される安否確認サービス「災害用伝言板(web171)」と「災害用伝言ダイヤル(171)」の体験サービスを実施すると発表した。

 これらは、災害発生時に家族や知人へのメッセージによって互いに安否が確認できるというもの。「災害用伝言ダイヤル(171)」は、171にダイヤルをすることで30秒程度の伝言の登録や確認できる通話サービスで、「災害用伝言板(web171)」は100文字以下のテキストの登録や確認ができるというWebサービス。

 NTTでは“いざ”という時に、日頃から家族、親戚、知人などの間で安否を確認するための「電話番号」を予め決めておくことや、「自分の無事を伝える」ことに慣れてもらうため体験サービスを決定したという。
 なお同社では、正月三が日、毎月1日や15日にも体験サービスを行なっている。

 あなたにオススメの記事