気象

台風23号 勢力発達して明日5日沖縄本島が暴風域に

 気象庁によると、台風23号は現在、沖縄県南大東島の南方海上を北上しており、明日5日には沖縄本島に接近し、沖縄地方は暴風域に入るおそれがある。

 

 台風23号は4日午前9時現在、南大東島の南南西約440キロの海上をゆっくりとした速さで北上、中心の気圧は975ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートルで、中心から半径110キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。

 

 予想では、台風23号は明日5日午前9時には、沖縄県那覇市の南約230キロの海上を中心に半径130キロの円内に達し、強い台風に発達する見込み。

 

 明日午前9時には、中心の気圧が955ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は55メートルが予想される。

 

 また予報円の中心から半径280キロ以内では風速25メートル以上の暴風域に入るおそれがあり、明日にかけて沖縄本島地方は強い雨風に対する注意が必要。

 

 台風23号は、沖縄本島付近を通過後、中国大陸に向かう見込み。

 

 

 あなたにオススメの記事