生活情報

ソフトバンクBBワンセグチューナー火災発生で使用中止

 韓国icube Corp.(アイキューブ)が製造し、ソフトバンクBBが販売していたバッテリー機能付きワンセグチューナー「TV&バッテリー」で、製品内部のバッテリーが発火、火災事故が発生したとして、経済産業省は4日、同製品の使用を中止するよう注意喚起を行なった。

 

 また販売元のソフトバンクBBも同製品について、発火が2件発生したとして、使用中止を呼びかけるとともに、製品の回収を発表している。

 

 対象となる製品は2008年12月31日から2013年8月8日まで販売された携帯電話用ワンセグチューナー「TV&バッテリー」(製品型番 iGB-001、iGB-001b)で累計販売台数は約7万9000台。

 

 火災の原因は現在調査中だが、経産省では製品内部のリチウムバッテリーから出火したものと考えている。

 

 またソフトバンクBBでは、製品の回収方法について、今月15日からホームページに掲載するとしている。

 あなたにオススメの記事