リコール

防衛省 日本航空電子工業を過大請求で指名停止処分

 防衛省は4日、航空部品メーカー「日本航空電子工業」に対して、工数付け替えによる過大請求を行なったとして、4日から来年7月3日までの9ヶ月間、指名停止の措置を取ると発表した。

 

 同社は航空自衛隊のF2戦闘機などの部品を納入しているが、防衛省によれば4日に同社からも工数を過大に申告していたことを認める旨の報告があったとのこと。

 

 防衛省では、事実把握のため、同社に対して特別調査を実施するとしており、過大請求による賠償額を確定させる方針。

 

 日本航空電子工業側でも、社内調査の結果、航機事業部において作業時間を過大に計上している案件があることが判明したと発表、防衛省の調査に全面的に協力するなどとしている。

 あなたにオススメの記事