気象

台風23号 強い勢力のまま5日夜に沖縄へ 24号も南海上で発生

 気象庁によると、台風23号は現在、沖縄県那覇市の南約210キロの海上を北西へ進んでおり、5日夜に強い勢力を保ったまま沖縄地方に最接近するおそれがある。

 

 台風23号は5日午前8時現在、那覇市の南約210キロの海上を1時間におよそ15キロの速さで北西へ進んでいる。中心の気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートルで、中心から半径150キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。

 

 台風23号は今後、西北西へ進み、5日夜には強い勢力を保ったまま沖縄地方へ最接近する見込み。

 

 そのため、沖縄地方では非常に強い風が吹いて、海は大しけとなっており、先島諸島でも5日昼過ぎから猛烈なしけとなることが予想され、奄美地方の海上でも5日朝から大しけになるとのこと。

 

 6日にかけて予想される最大風速は沖縄本島地方で28メートル(最大瞬間風速40メートル)、先島諸島で35メートル(最大瞬間風速50メートル)、波の高さは沖縄本島地方で9メートル、先島諸島で10メートル、奄美地方で6メートルとなっている。

 

 また、4日午後にマリアナ諸島付近で発生した台風24号は、マリアナ諸島の西海上を時速20キロで西北西に進んでおり、このままの予想進路を進めば、8日午前3時ごろには沖縄本島へ達する見込み。

 あなたにオススメの記事