気象

台風24号 7日に沖縄や奄美へ接近

 気象庁によると、台風24号は現在、南大東島の南東の海上を西北西へ進んでおり、7日には強い勢力を保ったまま沖縄地方や奄美地方へ接近するおそれがある。

 

 台風24号は6日午後3時現在、南大島の南東の海上を1時間におよそ35キロの速さで西北西へ進んでいる。中心の気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は55メートルで、中心から半径90キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。

 

 台風24号は7日には強い勢力を保ったまま沖縄地方や奄美地方に接近し、そのため同地方では7日夕方から猛烈な風となり、海も猛烈なしけとなる見込み。

 

 7日にかけて予想される最大風速は奄美地方が40メートル(最大瞬間風速60メートル)、沖縄地方が35メートル(最大瞬間風速50メートル)。波の高さは沖縄地方が10メートル、奄美地方が9メートル、九州南部が6メートルとなっている。

 

 また今後、沖縄地方や奄美地方、九州南部では1時間に40ミリ、局地的には1時間に50ミリの非常に激しい雨がふるおそれがあり、7日午後6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多いところで九州南部・奄美地方が150ミリ、沖縄地方が100ミリに達するとのこと。気象庁では土砂災害や河川の増水などへの注意を呼びかけている。

 あなたにオススメの記事