FUKUSHIMA

桜田文科副大臣「人の住めない福島」発言 官房長官が注意

 東京電力福島第一原発事故で放射能に汚染されたゴミから発生した「焼却灰」の処理をめぐり、桜田義孝文部科学省副大臣が、「原発事故で人の住めなくなった福島に置けばいい」などと発言したと報道された問題で、菅義偉官房長官は7日午前の記者会見で、桜田副大臣の発言の主旨について説明する一方で、同大臣に対し誤解を与えるような発言は慎むべきと注意したことを明らかにした。

 

 同会見で菅官房長官は、「一般論として、発生者責任の観点から、東電の敷地内で管理したらどうかという意見もある」と桜田副大臣の発言の主旨について説明する一方で、「誤解を与えるような発言は慎むべき」と同大臣に対し注意したことを明らかにした。

 

 また改めて、「焼却灰」の処理については、「汚染廃灰の指定廃棄物の処理は当該廃棄物の保管されている都道府県において行なうことになっている」と現行制度の説明を行なった。

 

 なお同大臣に対する処分などは考えていないとのこと。

 あなたにオススメの記事