事故

みずほ銀行 事実と異なる報告「組織的に大きな責任」官房長官

 みずほ銀行が、暴力団関係者との取引を把握していたのは法令順守担当副頭取までと、当初金融庁へ報告していたにも関わらず、当時頭取だった西堀利氏ら経営トップも実態を把握していたことから、金融庁が「事実関係」について報告命令を出したことについて、菅義偉官房長官は10日午前の記者会見で、「組織的に大きな責任あると思う」と述べた。

 

 同会見で菅官房長官は、記者から「経営者の責任」について質問され、「常識的に考えれば、最初に報告したこととまったく違っていたわけですよね。そうしたことは組織的にも大きな責任があると思うのは、国民の皆さん同じだろうと私は思う」との見方を表明。

 

 さらに、「みずほ銀行も第三者機関を設置して調査する。金融庁も改めて報告を提出するようにと指示しているから、どのような実態かと理解する中で、適切に対応していく必要があるだろう」と述べ、実態を解明する中で、組織的な問題も明らかになるとの認識を示唆している。

 あなたにオススメの記事