トピック

ノーベル文学賞はカナダ・マンロー氏 村上氏は今年も…

 作家・村上春樹氏の受賞が期待されていたノーベル文学賞だが、スウェーデン・アカデミーは10日夜(日本時間)、2013年の文学賞はカナダの女性作家アリス・マンロー氏(82)に授与すると発表した。

 

 マンロー氏はカナダ・オンタリオ州出身、初の本格的な短編集は結婚後の37歳の時に発表され、いわば「遅咲き」のメジャーデビューだったが、その後「木星の月」、「イラクサ」などの作品を発表、2005年には米タイム誌の「世界で最も影響力のある100人」にも選ばれている。

 

 生まれ故郷のカナダの地方を舞台にした連作短編集などを生み出し、スウェーデン・アカデミーは「現代短編小説の名手」と評している。

 

 今回のノーベル文学賞では、村上春樹氏と並んで受賞有力候補の最右翼と目されていた。

 

 

 あなたにオススメの記事