気象

大型で非常に強い台風26号あさって16日 東日本に接近

 気象庁によると、大型で非常に強い台風26号は、南大東島の南東海上を北北西に進んでおり、週半ば16日(水)には、東海から関東地方の太平洋側に接近するおそれがあり、暴風や高波に厳重な警戒を呼びかけている。

 

 台風26号は、14日午後0時現在、南大東島の南東約550キロの海上を1時間に約20キロの速さで北北西に進んでいる。

 

 中心の気圧は930ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は65メートルで、中心から半径170キロ以内では、風速25メートル以上の暴風となっている。

 

 台風26号は、あす15日昼ごろには進路を東寄りに変えて、あさって16日(水)には東海から関東地方の太平洋岸に接近する見込みで、暴風や高波に厳重な警戒が必要。

 

 このため、あす15日には、四国から東北までの太平洋沿岸地域では次第に天気が下り坂となり、あさって16日は台風の影響により荒れ模様の天気となる見込み。

 あなたにオススメの記事