気象

台風26号直撃のおそれ 関東あす朝から交通機関へ影響も

 気象庁によると大型で強い台風26号は、日本の南海上を北上中で、あす16日朝には関東地方を直撃するおそれもあり、朝から首都圏の交通機関に影響が出る可能性も。

 

 大型で強い台風26号は、15日午前9時現在、日本の南を1時間に約20キロの速さで北へ進んでいる。

 

 中心の気圧は945ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は55メートルで、中心から半径190キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。

 

 台風26号はあす16日午前9時には千葉県銚子市の北約30キロの地点を中心とする半径240キロの円内に達する見込みで、関東上陸時の中心気圧は960ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートルが予想されている。

 

 このため関東地方は風速25メートル以上の暴風域に入るおそれがあり、鉄道・バス・飛行機など首都圏の交通機関にも、あす朝から影響が出る可能性がある。

 あなたにオススメの記事