FUKUSHIMA

福島第一 地下水から過去最高の40万ベクレル 6500倍に上昇

 東京電力は18日、福島第一原発の「E-1」と呼ばれる観測井戸で17日採取した地下水から、同地点で過去最高の1リットル当たり40万ベクレルのストロンチウムなどベータ線を放出する放射性物質が検出されたと発表した。

 

 同観測井戸で、前日の16日に採取したサンプルでは全ベータ放射能が1リットル当たり61ベクレルだったので、1日で約6500倍の濃度に急上昇したことになる。

 

 東電では引き続き監視を続けるとともに、汚染土壌のさらなる除去に努めるとしている。

 あなたにオススメの記事