製品・サービス

8,000回充電しても容量70%以上、劣化に強い蓄電池 シャープ

 シャープは17日より、満充放電を8,000回繰り返しても初期の70%以上の容量を維持できる、劣化に強い住宅用リチウムイオン蓄電池システム「JH-WB1201」と「JH-WB1202」を発売した。

 本製品は同社の太陽光発電システムと連携して使うことが前提の蓄電池システムで、日ごろから蓄えておいた電力を停電時などに利用できるというもの。家庭用電源からの充電にも対応しており、電気代の安い深夜に充電して日中に電力を供給する「経済性モード」なども搭載している。

 同社では緊急時の利用イメージとして、災害発生時の初動3日間が重要と考えており、「JH-WB1201」単体で、冷蔵庫(72時間)、ノートPC(6時間)、テレビ(4時間)、電話(6時間)、照明(12時間)といった電力をまかなうことを想定。これに太陽光発電システムが加わることでより安定した生活が行えると考えている。
 なお価格は「JH-WB1201」(4.8kWh)が190万円前後、「JH-WB1202」(2.4kWh)が140万円前後。

 あなたにオススメの記事