製品・サービス

衛星回線を利用したSOS発信機器 米SPOT LLC

 米SPOT LLCは17日、ラスベガスで開催された銃器や狩猟製品の見本市「SHOT SHOW」(1月15日~18日)で、SOS発信端末「The SPOT Satellite GPS Messenger」を発表した。

 

 これは狩猟者や登山者などの遭難を想定した緊急用の製品。ユーザーは端末上のボタンを押すだけで「10分ごとの位置情報」「無事」「事前登録しておいたメッセージの送信」「命に別状はないトラブルの発生」「人命に関わる緊急事態」といったステータスを送信でき、それらの情報はメールやWebベースで閲覧可能となっている。


 なおデータの送信には衛星回線を使用しており、極地、南アメリカや南アフリカの南端などは圏外だが、ほぼ世界中をカバーしている。本体価格は99ドル、回線使用料は99.99ドル/年。

 あなたにオススメの記事