気象

台風27号 25日に西日本から東日本にかけて接近のおそれ

 気象庁によると、台風27号はフィリピンの東の海上を1時間15キロの速さで北西へ進んでおり、現在の予測進路で進めば、24日に沖縄本島から九州、25日には西日本から東日本にかけて接近するおそれがある。

 

 台風27号は20日現在、中心の気圧は925ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルで、依然として非常に強い勢力を保ちながら、フィリピンの東の海上を1時間に15キロの速さで北西へ進んでいる。

 

 このままの予想進路で進んだ場合、23日には非常に強い勢力のまま1時間に15キロの速さで北北西へ進み、24日の午後3時には沖縄本島から九州、25日の午後3時には西日本から東日本にかけて接近するおそれがある。

 あなたにオススメの記事