経済

景気は緩やかな回復が続く 日銀支店長会議

 日銀は21日、支店長会議を開き、景気の先行きについて「緩やかな回復を続けていくとみられる」との認識を発表した。

 

 日銀によると、景気は緩やかに回復しており、今後も生産・所得・支出の好循環が続き、それに伴って「緩やかな回復を続けていく」見込みとのこと。

 

 生鮮食品を除く消費者物価については、上昇する品目が広がりながらプラス幅を拡大しており、将来的にもプラス幅を次第に拡大すると予測。

 

 また、今年4月に導入した「量的・質的金融緩和」については「効果を着実に発揮しており、日本経済は2%の『物価安定の目標』の実現に向けた道筋を順調にたどっている」として、これを安定して持続させるために今後も金融緩和を継続し、15年近く続いたデフレからの脱却を目指すとの考えを示した。

 あなたにオススメの記事