事故

公安国際テロ資料流出事件から3年 時効成立

 2010年10月に警視庁公安部の国際テロに関する内部資料がインターネット上に流出した事件は、29日午前0時に、偽計業務妨害罪の時効(3年)を迎え、捜査を終結した。

 

 警視庁は同日、「容疑者不詳」で東京地検に送致する。

 

 この事件は、国際テロ事案を扱う警視庁公安部外事3課の内部資料114点がファイル共有ソフトを通じて外部に流出、複数のサイトに掲載されたもの。

 

 同資料には外事3課がマークしていたイスラム系外国人や捜査員などの個人情報約1000人分が含まれていた。

 

 同事件では、秘匿性の高い公安部、それも外事3課の内部資料が流出していることから「完全に外部の犯行」とは考えづらい。

 

 何らかの形で内部の人間が関わっている可能性が高いことから、警視庁では捜査員OBなどにも対象を広げて捜査していたが、結局、容疑者らしき人間の特定には至らず、サイバー事案捜査の難しさを浮き彫りにする結果となった。

 あなたにオススメの記事