地震

南海トラフ 死者最大13万人 国想定の13倍 大阪府

 大阪府は30日、南海トラフ巨大地震による大阪府内の人的被害について、死者は最大13万3891人にのぼるとの想定を発表した。

 

 死者13万3891人のうち85%以上にあたる11万3991人は、「津波による犠牲者」と想定されており、内閣府が昨年8月に示した被害想定の13.6倍にあたる。

 

 同府では今年8月に、地震による防潮堤の沈下などもありうるとして、津波浸水範囲を内閣府想定の約3.6倍に見直しており、これにともない今回の想定でも人的被害が拡大している。

 

 この津波被害の予測にあたっては、地震発生から10分以内に100%の住民が避難を開始する場合と、30%の住民が津波到達まで避難しない2つパターンを検討。

 

 その結果、冬の夜(午後6時)に地震が発生し、30%の住民が津波到達まで避難を開始しないとの想定の場合、大阪府の夜間人口の1.5%に相当する13万3891人が死亡すると予測されている。

 

 あなたにオススメの記事