宇宙

「我々の起源は100億年前にはるか彼方から」 JAXA

 人間が生きるために必要な血液。その血液に欠かせない成分の一つが「」。

 

 生命にとって必要不可欠な元素である「鉄」など、重元素は恒星の中で作られ、「超新星爆発」によって宇宙空間にまき散らされる。

 

 では人間誕生の起源ともなる地球上の鉄は「いつ」、「どこで」作られたのか?

 

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)と米スタンフォード大学の研究チームは、X線天文衛星「すざく」を使って、その謎を解き明かした。

 

 宇宙にさまざまな「銀河団」が誕生したのは、今から約100億年前

 

 研究チームは「すざく」を使って、ペルセウス座銀河団周辺の1000万光年の広い範囲にわたって、「鉄の分布」を調べた。

 

 その結果は、銀河の中であろうが、銀河間空間であろうが、鉄の分布割合はほぼ一定。

 

 これは、鉄のほとんどが100億年前の銀河団が形成される以前の時代に作られ、宇宙中にまんべんなく拡散されたことを意味している。

 

 JAXAのオーロラ・シミオネスク研究員は、こう語っている。

 

我々の起源はとても古かったわけです。皆さんの血液にも含まれる鉄の中には、遥かな昔100億年も前に、100万光年の彼方で作られ、宇宙を旅して来たものも含まれていることになります。

 あなたにオススメの記事