軍事

中国「海自が演習妨害」と抗議「受け入れられない」防衛相

 中国海軍は24日から沖縄県先島諸島の南東海域で軍事演習を行なっているが、31日、中国国防部は在中国日本大使館の防衛駐在官に対し、演習を妨害しないよう要求した。

 

 これに対し、小野寺五典防衛相は1日、閣議後の記者会見で、「まったく受け入れられない」と中国側の対応を批判した。

 

 さらに小野寺防衛相は、「先島諸島の南東海域での射撃訓練ということになれば、当然、通常の警戒監視を行なう、これは国際法上何の問題もないこと」との認識を明らかにし、中国側に「国際法にのっとって通常行なっている警戒監視任務」と伝えたことも明らかにしている。

 あなたにオススメの記事