リコール

日展 今年度の最高賞選定を自粛

 「書」の部門で入選数を有力会派に事前配分していたとされる日展は31日、第45回(平成25年度)日展では、「日本画」、「西洋画」、「彫刻」、「美術工芸」、「書」の全5部門すべてで、最高賞となる内閣総理大臣賞、文部科学大臣賞、日展会員賞の選考を自粛すると決定した。

 

 また今回報道された問題について、事実関係などを調査するために、外部識者2人を含めた「調査委員会」を発足させるとともに、その下部組織として外部識者よりなる「ワーキンググループ」も設置して、詳細について調査を実施するとしている。

 

 日展(日本美術展覧会)は日本の美術界で最大規模の公募展として、1907年(明治40年)に文部省美術展覧会として始まり、106年の歴史を誇っている。

 あなたにオススメの記事