外交

米NSA盗聴疑惑「報道を信じたくない」防衛相

 日本も米国家安全保障局(NSA)による盗聴活動の対象になっていたと米ニューヨークタイムズ紙が報じたことについて、小野寺五典防衛相は5日、閣議後の記者会見で、「そのような報道を私ども信じたくないと思っている」と述べた。

 

 同会見で小野寺防衛相は、盗聴疑惑について「政府としては承知していない」とした上で、「同盟国間含めてさまざまな友好国との信頼を傷つけるような行為は決して望ましいことではないと思うから、そのような報道を私どもは信じたくないと思っている」と心情を吐露。

 

 米の盗聴疑惑については、ドイツなどが具体的な説明を求めている一方で、日本政府は事実関係の究明に後ろ向きな姿勢。

 

 5日午前に記者会見した加藤勝信官房副長官も、「こうした問題については米側ときちんとした意思疎通を図る」 と述べるにとどまっている。

 

 あなたにオススメの記事