気象

伊豆大島土石流被害を「激甚災害」指定 まだ6人不明

   政府は5日の閣議で、台風26号による伊豆大島(東京都大島町)の土石流被害を「激甚災害」に指定することを決定した。


   内閣府によると、4日現在、豪雨や土砂災害による農地や林道など農業関連の被害は11億5000万円、飲食店や工場など地元の中小企業の被害は20億4000万円に上る。


   激甚災害に指定されると、復旧事業費に対して国の補助率が約9割まで上がる他、中小企業は復旧に関わる融資の返済期間が延長されるなどの優遇措置がある。


   消防庁のまとめでは、伊豆大島では土石流などによって35人が死亡。今もまだ6人が行方不明となっている。

 あなたにオススメの記事