気象

台風30号 猛烈な台風に発達 8日フィリピン直撃 大被害のおそれ

 気象庁によると台風30号は、7日午後6時現在、フィリピン・ミンダナオ島の東海上を1時間に35キロの速さで西北西に進んでいるが、猛烈な勢力に発達し、あす8日午前にはフィリピン中部ビサヤ地方を直撃する見込みで、大きな被害が懸念されている。

 

 気象庁によると台風30号は7日午後6時現在、中心の気圧が905ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は60メートル、最大瞬間風速は85メートルと猛烈な勢力に発達してフィリピン中部に向かっている。

 

 この台風は8日午前にはフィリピン中部のビサヤ地方に上陸する見込みだが、同地方だけでなく、首都マニラがあるルソン地方や、ミンダナオ地方にも大きな被害をもたらすおそれがあり、フィリピン気象庁は国内各地に警報を発令して、住民に避難を呼びかけている。

 

 台風30号はフィリピンに上陸したのち、10日午後3時にはベトナム中部に接近する見込み。

 

 台風30号について外務省でも海外安全ホームページに注意喚起を掲載し、フィリピンへの渡航者・滞在者に注意を呼びかけている。

 あなたにオススメの記事