気象

低気圧が発達 10日は全国的に強風の恐れ

   急速に発達している低気圧の影響で、10日は全国的に風が強まり、北日本と北陸地方は海が大しけになる恐れがあるとして、気象庁は暴風や高波に警戒を呼びかけている。


   気象庁によると、10日は低気圧が日本海を急速に発達しながら北東に進み、寒冷前線が本州付近を通過。11日にかけて上空に寒気が流れ込み、日本は冬型の気圧配置となる見込みという。


   この影響で、特に北日本と北陸地方は10日、沿岸を中心に非常に強い風が吹くとみられ、予想される最大風速(最大瞬間風速)は、次の通り。
  北海道地方  陸上 22メートル(35メートル)
         海上 25メートル(35メートル)
  北陸地方   陸上 20メートル(30メートル)
         海上 23メートル(35メートル)
  東北地方   陸上 15メートル(30メートル)
         海上 20メートル(30メートル)
   なお、波の高さは、北海道地方6メートル、北陸地方5メートル、東北地方4メートルと予想されている。


   また、低気圧や前線の周辺では大気の状態が不安定になるため、北日本から西日本の日本海側を中心に雷を伴った激しい雨が降る見込みで、気象庁は落雷や突風にも注意を促している。

 あなたにオススメの記事