原子力

小泉元首相発言「郵政と原発を比較するのはどうかと」官房長官

 小泉純一郎元首相が12日に日本記者クラブで行なった記者会見で、「原発ゼロ」について「安倍晋三首相が決断すればできる」と述べるとともに、自分が郵政民営化をした時には野党も反対だったが、原発ゼロには野党も賛成し、反対するのは自民党だけ、安倍首相は幸運だとの主旨の発言をしたことについて、菅義偉官房長官は12日午後の記者会見で「郵政と原発を比較するのは私はどうかなと思う」と述べ、これまでの政府の原子力政策を転換する考えはないとの認識を示した。

 

 同会見で菅官房長官は、改めて「エネルギーの安定供給、(コストの)低減について責任あるエネルギー政策を推進していくことが極めて大事」と述べ、「原発依存度の低減」は目指すものの、「原発ゼロ」の考え方には賛同しないとの考えを改めて表明。

 

 さらに記者から「小泉元首相の発言は政府に対する批判なのかエールなのか、どっちと捉えている?」と質問されたのに対しては、「小泉さんはああいう形の総理大臣ですから、小泉さんって人は信念に基づいて発言し続けていると思う」と答えている。

 あなたにオススメの記事