気象

若田さん 宇宙から比の台風被害に悲しみのつぶやき

 国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中の若田光一さんは、13日午前6時にツイッターで、台風30号により甚大な被害を受けたフィリピンの被災者を悼むメッセージをつぶやいている。

 

 

「台風によるフィリピンの被害のニュースを見て、心を痛めています。台風によるすべての被災者に祈りを捧げます」(原文 英語)

 

Koici Wakata@Astro_Wakata

 

 

 若田さんは、12日の午後7時に「ISSに戻ることができてうれしい」などと宇宙からの「初つぶやき」を行なっている。

 

 ISSでは、若田さんと入れ替わりで地球に帰還した米航空宇宙局(NASA)のカレン・ナイバーグ宇宙飛行士が、フィリピンに上陸寸前の台風30号の壮絶な映像を撮影しており、その光景は若田さんも見ていたはず。

 

 自分の眼下に広がる雲の下で、多くの人が犠牲になったことを知った悲しみはいかばかりか……。

 

 被災したフィリピンには、今日にも国際緊急援助隊として自衛隊員約50人が派遣される。

 あなたにオススメの記事