FUKUSHIMA

1号機原子炉建屋地下で汚染水漏えいを確認 東電

 東京電力は13日、福島第一原発1号機の原子炉建屋地下の2カ所で、汚染水が漏えいしている状況を確認したと発表した。

 

 漏えいしている場所は、原子炉格納容器下部にある「圧力抑制室(サプレッションチェンバ)」近くの「サンドクッションドレン管」と呼ばれる配管と、「ベント管」の上部。

 

 今回の調査はカメラを搭載したリモコンの「水上ボート」を使って行なったもので、原子炉の燃料棒が溶融(メルトダウン)した1号機から3号機で、汚染水の漏えい箇所が判明したのは初めて。

 

 こうした箇所から漏えいしている汚染水が地下に拡散しているとみられ、漏えい箇所が特定できたことは、汚染水対策や廃炉処理にとって前進となる。

 あなたにオススメの記事