生活情報

電力需要を調整する新機関を設立 経済産業省

 経済産業省は、これまで電力会社毎に管理されていた送電網を一元管理する「広域系統運用機関」の設置を検討している。

 

 同機関は、電力会社が所有する送電網や電気の周波数の変換施設などを引き継いで、広域的な電力需要を監視・調整する組織で、災害発生時やトラブルで電力不足に陥った場合は、電力に余裕がある他の電力会社に供給を指示できる。

 

 また同機関の設立に併せて家庭向け電力の新規事業者の参入も促進する方針。電気料金を引き下げる狙いもある。

 あなたにオススメの記事