経済

NYダウが3日連続で高値更新 1万5962.98ドル

 15日のニューヨーク証券取引所は、FRBの量的緩和継続の見込みを受けて引き続き活発な取引が行われ、NYダウ平均株価は3日連続で過去最高値の更新となる1万5962.98ドルを記録し、前日比85.48ドル高の1万5961.70ドルで取引を終えた。

 

 13日に15822.98ドルと過去最高値を記録したNYダウ平均株価は、翌14日も1万5884.99ドル、さらに15日の取引でも1万5962.98ドルと最高値を更新。最終的に15日は85.48ドル高の1万5961.70ドルで取引を終えた。

 

 FRBによる量的緩和が継続する見込みのために市場では活発な取引が続いており、心理的節目となる1万6,000ドルまで目前と迫ってきた。

 

 なお、ニューヨーク証券取引所の堅調な動きを受けて、東京証券取引所でも日経平均株価は好調な動きを続けており、15日は心理的節目となる1万5000円を上回る1万5165.92円で取引を終えている。

 あなたにオススメの記事