外交

安重根発言めぐり韓国反発「ずいぶん過剰反応だな」官房長官

 韓国の外務報道官は19日の定例記者会見で、初代韓国統監の伊藤博文を暗殺した安重根の石碑建設をめぐって、菅義偉官房長官が午前の記者会見で「安重根は犯罪者だとこれまでも韓国政府に伝えてきている」などと発言したことに対し、「当時日本が周辺国にどんなことをしたのかを考えれば、官房長官の発言はあり得ない。『犯罪者』という表現を使うことはなはだ遺憾。歴史を謙虚に反省し、直視すべき」と反発した。

 

 この菅官房長官の発言は、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が18日、訪韓中の中国の楊潔篪(ヤン・ジエチー)国務委員に、初代首相であり初代韓国統監の伊藤博文を暗殺した安重根をたたえる石碑を建設する計画について、「うまく進んでいる」と述べたのに対し、19日午前の記者会見で、「安重根は犯罪者だとこれまでも韓国政府に伝えてきている。そうした中で、こういう動きがあることは、日韓関係のためにはならないのじゃないか」と不快感を表明したもの。

 

 19日午後の記者会見で菅官房長官は、韓国外務報道官の発言に対し、「ずいぶんと過剰反応だなと思います。私は従来からのわが国の立場を淡々と申し述べただけ、それ以上でも以下でもない」と回答する一方で、韓国が自由と民主主義という共通の価値観を有する重要な隣国との考え方に変わりはないことを改めて表明した。

 あなたにオススメの記事