火山

小笠原諸島・西之島周辺で噴火 新たな陸地形成

 気象庁は20日、小笠原諸島・父島の西130キロにある火山島 西之島周辺で海底火山が噴火し、新たな陸地が形成されているとして、午後6時20分に火口周辺警報を発表した。

 

 気象庁によると20日午前10時20分ごろ、海上自衛隊から西之島周辺で噴煙を確認したとの連絡があり、その後、午後4時ごろ、海上保安庁の観測により、西之島の南東500メートル付近で黒色噴煙をともなう噴火が確認され、直径約200メートルの新たな陸地が認められたとのこと。

 

 このため気象庁では、同海域では今後も噴火の可能性があるとして、火口周辺警報を発表して警戒を呼びかけるとともに、海上保安庁も西之島周辺に航行警報を発令している。

 

 西之島は40年前の1973年(昭和48年)〜1974年(昭和49年)にも周辺海域で噴火が発生し、新島が形成されたことがある。

 あなたにオススメの記事