生活情報

都営バス"24時間化" 12月20日から試験運行スタート

   東京都交通局は12月20日から、都営バス終夜運転の試験運行をスタートさせる。金曜深夜から土曜早朝にかけ、渋谷〜六本木間に約1時間間隔でバスを運行する。


   都営バスの「24時間化」は、猪瀬直樹知事が4月に米国で講演した際に実施する考えを表明。都交通局も年内の試験運行に向け、調整していた。


   試験運行は、金曜深夜の午前1時から5時にかけ、渋谷駅と六本木駅発のバスを4本ずつ運行する。停車するのは、青山学院中等部、南青山七丁目、西麻布など。


   運賃は現行の深夜バスと同じで、大人400円、子供200円。

 

 あなたにオススメの記事