気象

あす(26日)にかけて広い地域で暴風・大雨・高波に警戒

 気象庁は、今日(25日)は全国的に、あす(26日)は東・北日本で、沿岸部を中心に非常に強い風が吹き、海上は大しけとなるところもあるほか、竜巻などの激しい突風や、雷をともなった非常に激しい雨にも注意するよう警戒を呼びかけている。

 

 気象庁によれば、日本海西部には前線をともなった低気圧があり、急速に発達しながら東北東に進んでいる。

 

 今日(25日)は、低気圧がさらに発達しながら沿海州に進み、寒冷前線が日本付近を通過するため、前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、西日本では25日、東日本では26日未明にかけて、大気の状態が非常に不安定になる見込み。

 

 このため、今日(25日)は、全国的に風が強まり、沿岸部を中心に強く吹くところがあるが、東・北日本ではあす(26日)も気圧の傾きが大きく、非常に強い風が吹き、海上は大しけとなるおそれがある。

 

 26日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、以下のとおり。

 

 

【近畿地方】

陸上20メートル(35メートル)、海上25メートル(35メートル)

 

【四国地方】

陸上18メートル(30メートル)、海上23メートル(35メートル)

 

【北海道地方】

陸上20メートル(35メートル)、海上20メートル(30メートル)

 

【関東甲信地方】

陸上20メートル(35メートル)、海上20メートル(30メートル)

 

【北陸地方】

陸上18メートル(30メートル)、海上20メートル(30メートル)

 

【九州北部地方】

陸上15メートル(30メートル)、海上20メートル(30メートル)

 

【東北地方】

陸上14メートル(25メートル)、海上20メートル(30メートル)

 

 

 また26日にかけて予想される波の高さは、北陸地方・北日本で6メートル、近畿地方で5メートル、沖縄地方・九州北部地方・四国地方・東海地方・関東甲信地方で4メートル。

 

 さらに25日は、北日本から西日本で、26日は東日本から北日本で、局地的に雷をともなって激しい雨が降り、西日本では1時間に60ミリ前後の非常に激しい雨となるおそれもある。

 

 あす(26日)午前6時までの24時間に予想される雨量は、多いところで沖縄地方が100ミリの見込み。

 あなたにオススメの記事