火山

西之島沖の火山新島 海岸線へ溶岩流で新たな地形

 小笠原諸島・西之島沖の海底火山噴火による新島は24日、火口から溶岩流が海岸線に流れ出し、新たな地形を形成していることが確認された。

 

 上空からの写真では、火口から新島北東側の海岸線に溶岩流が流れ出し、海に突き出るような形で新たな地形が形成されていることが分かる。

 

 また火口からは、噴煙と火山弾が放出されており、周辺の海上に火山弾が飛散している様子も確認されている。

 あなたにオススメの記事